TOP  >  Creative  >  見るのもを魅了する3Dプリンタで作られた家「massimiliano locatelli has designed a 3D printed house for milan design week」
2018年06月14日

見るのもを魅了する3Dプリンタで作られた家「massimiliano locatelli has designed a 3D printed house for milan design week」

立体的なものを印刷できる3Dプリンターは、今まで複製が困難であると言われてきたような物まで形にすることができるまでに技術進化を遂げてきました。様々な物が形にされていく中で今回紹介する作品は、3Dプリンタで作られた家「massimiliano locatelli has designed a 3D printed house for milan design week」です。

3Dprintedhouse01

ミラノデザインウィークのために制作された3Dプリンターの家は、誰もが驚くほど精密で見るものを圧巻とさせる作品です。

詳しくは以下

3Dprintedhouse02

3Dprintedhouse03

3Dprintedhouse04

ミラノの街中に佇む一際おしゃれな建物。この作品が3Dプリンターで印刷された家であると誰が気づくでしょうか。カーブを描くシルエットやフラットな屋根の上に作られたガーデンもとても魅力的です。壁はコンクリートで作られたような粗さが細部に渡りしっかりと表現されており、思わず手を伸ばしたくなるほど。

現時点では、このような3Dプリンターで建造物を印刷するには、100平方メートル1週間で建設が可能で、1平方メートルあたり1,000ユーロの費用がかかるとされています。日本で平均的な大きさの家を立てると考えると1,500万円ほどで建設可能なようです。近い将来新しい建築方法として、3Dプリンターの家が立ち並ぶ日がやってくるかもしれませんね。これから更なる活用方法が広がるのではないでしょうか。

massimiliano locatelli designs a 3D printed house for milan design week

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る