TOP  >  Advertising  >  吹きかける息の長さによって見える文章量が変わる 喫煙に危機感を覚える啓蒙プロモーション
2017年04月20日

吹きかける息の長さによって見える文章量が変わる 喫煙に危機感を覚える啓蒙プロモーション

喫煙することで上がる病気へのリスクは世界各国で懸念されていますが、禁煙をしたくてもできない方はとても多いはず。そんな方にぜひ体験してほしい、イギリスのがん研究所が行った啓蒙プロモーションを今回は紹介します。

smork

禁煙促進を目的とした、多くの人々の目に触れるデジタルサイネージを使ったキャンペーンです。デジタルサイネージでどのように禁煙を促したのか、まずはムービーを以下よりご覧下さい。

詳しくは以下

バス停のベンチ脇に設置されたスクリーンにある小さな丸印。指示通り、大きく深呼吸してからそこに息を吹きかけると文字が徐々に浮かび上がってきますが、人によっては全文を読むことができません。息を吹きかけた時間=表示される文章量になっているので、肺活量がない人は文章が表示されない仕組みになっています。

喫煙でもっともダメージを受けるのは肺。肺機能の低下を視覚的に認知させることによって、喫煙者たちは自分たちの現状を理解し、喫煙への危機感をもたせるきっかけを与えることに成功していますね。こういった体験型のコンテンツはユーザーの印象に残りやすいということもあり、今後もいろいろなシーンで活用されていくのではないでしょうか。

肺機能の低下に気付いていますか?英国ガン研究所の禁煙啓発デジタルサイネージ | AdGang

posted 10:00  |  
Category: Advertising   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る