TOP  >  Creative  >  ポリゴングラフィックのような美しさ!ワイヤーメッシュで作られた荘厳なパビリオン
2017年08月16日

ポリゴングラフィックのような美しさ!ワイヤーメッシュで作られた荘厳なパビリオン

大理石や木材、人々はこれまで様々な物質を利用して建築物を作り上げてきました。今回ご紹介するのは、そんな一般的な建材の代わりに、ワイヤーメッシュを用いて作られた荘厳なパビリオンです。

pavilion-from-wire-mesh_01

格子状になったワイヤーで作られたパビリオンから、向こう側の景色が透けて見えるとても幻想的な建物です。

詳しくは以下

pavilion-from-wire-mesh_02

pavilion-from-wire-mesh_03

pavilion-from-wire-mesh_04

これらは王室でのイベントの一環として、7,000平方メートルのスペースに建てられた光の当たり方によって、透け具合や色合いが変わる、巨大インスタレーションとして作られました。アートは全て自立している訳ではなく、全て天井から吊り下げられています。古典的なアーチと大きな支柱を使った古典的な建築を模した重厚感のある外観と、ワイヤーメッシュの軽やかなテクスチャーが合わさり非現実的な雰囲気を演出していますね。

イベントの終了後は大学や公園、美術館などに別々に再設置するそうで、完全な状態が見られるのは現在の展示のみなのだそう。少しもったいない気もしますが、素晴らしい作品が一般の人達が鑑賞しやすい環境に置かれるのは嬉しいニュースですね。

An Expansive Pavilion of Architectural Elements Constructed from Wire Mesh by Edoardo Tresoldi | Colossal

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る