TOP  >  Advertising  >  どんな子供も虐められるべきではない 強いメッセージが込められたバーガーキングによるいじめ撲滅ムービー「Bullying Jr.」
2018年06月06日

どんな子供も虐められるべきではない 強いメッセージが込められたバーガーキングによるいじめ撲滅ムービー「Bullying Jr.」

世界中の学生の約30%がその被害に合っていると言われているいじめ。今回ご紹介するのはそんないじめを無くすべく、アメリカの大手ハンバーガーチェーン「バーガーキング」が行った、少々ショッキングないじめ撲滅ムービーです。

bullying-jr2

ワッパージュニアと名付けられたメニューを使いドッキリをお客に仕掛け、いじめ問題を辛辣に訴えかけています。まずはそのプロモーションムービーがありますので、そちらをご覧ください。

動画は以下より

映像はまず、一人でハンバーガーを食べていた少年が店内で虐められ始めることろからスタート。少年の食べ物にドリンクをかけたり、椅子から突き落としたり、かなり過激な行為が繰り返されますが、店内の大人達は見てみぬ振りを決めています。次に流れる映像は、客が注文した「ワッパージュニア」を店員が叩き潰してお客に渡す、と言うもの。潰れたバーガーを受け取ったお客は騒然。皆口々にバーガーの交換を求めに訪れます。これだけだと意味が通じませんが最後に「虐められたワッパージュニアをみて声を上げた人は95%も居たが、いじめられるジュニア(子ども)に声を上げた人は僅か12%だった。」というメッセージが表示され「どんなジュニアもいじめられるべきでは無い」と締めくくられます。

日本で行えば問題になりそうな過激な内容すが、その分強いメッセージ性が感じられますね。

BURGER KING | Bullying Jr.

posted 09:00  |  
Category: Advertising   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る