TOP  >  Creative  >  ビーズアートの枠を越えた繊細で大胆な作品
2013年12月19日

ビーズアートの枠を越えた繊細で大胆な作品

ビーズやボタンを用いて作られる「ビーズアート」といったものがありますが、形や配色を考えたりなど、単純に見えて奥が深いアートです。今回紹介するのは同じ材料を用いて作られた、「ビーズアート」の枠を越えた繊細で美しい作品の数々です。

picture_0

この作品は韓国出身のアーティストRan Hwang氏に手掛けられたもので、壁面やパネル上に、東洋哲学を用いて描かれた花や鳥の画になります。

picture_1

picture_2

picture_3

細かく作り込まれたお城や、空を羽ばたく鳥、壁面に大きく描かれた桜の画など、どれも小さなパーツならではの繊細さを活かしていながらも、小ささを感じさせない大胆な構図や大きな作風が魅力。これらはファッション業界の文化や女性のアイデンティティを模索するテーマも込められたもので、作品づくりの最初に行われる構想のプロセスがとても大変だそう。最大1ヶ月を要する取り組みは自己瞑想と表現との反復になるそうです。

作られた作品は販売されていて、購入することも可能です。気になる方は是非「Ran Hwang | Artist Bio and Art for Sale | Artsy」もチェックしてみてください。

Ran Hwang | Artist Bio and Art for Sale | Artsy
Leila Heller Gallery

posted 11:28  |  
Category: Creative   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る