TOP  >  NEWS  >  視界が悪い時に補助的にフロントガラスに投影するスマホナビアプリ「HUDWAY」
2013年11月05日

視界が悪い時に補助的にフロントガラスに投影するスマホナビアプリ「HUDWAY」

車の運転にナビは必需品になってきていますが、最近ではスマートフォンの地図アプリで代用されている方も多いと思います。今回は、今までのスマホナビアプリとは一風変わった、視界が悪い時に補助的にフロントガラスに投影するスマホナビアプリ「HUDWAY」を紹介したいと思います。

navi

このアプリはスマートフォンに表示されるナビゲーション画面をフロントガラスに投影することによって、まるでフロントガラスに表示されているような形で情報を表示するという仕組みとなっています。ナビの設定から利用までのプロモーションビデオが公開されていましたので、まずは以下よりご覧ください。

プロモーションビデオなのでかなりクッキリうつっていますが、実際はもう少しぼんやりと投射されるようで、実際のデモも動画がありましたのでご覧ください。

HUDWAY app DEMO — Head-Up Display (HUD) in rally car. from HUDWAY on Vimeo.

HUDWAYは夜間や悪天候のシーンで自動車ドライバーの運転をサポートするために開発されたということで、濃霧や吹雪などの悪天候では力を発揮してくれそうです。最終的にはナビ任せという訳にはいかないとは思いますが、それでも指針が表示されるのはありがたいもの。実用レベルに耐えられるかは実際試していないため分かりませんが、今後にも期待したい仕組みとアプリです。

HUDWAY – Augment reality in the car, road projection on the windshield HUD Head-Up Display
HUDWAY augmented reality on the windshield HUD Head-Up Display for drivers on the App Store on iTunes

posted 08:01  |  
Category: NEWS   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る