TOP  >  Gadget/Product  >  ワインを保存しながら容易に注ぎ入れることを可能にした「VINAERA Electronic Wine & Spirit Aerator」
2014年06月10日

ワインを保存しながら容易に注ぎ入れることを可能にした「VINAERA Electronic Wine & Spirit Aerator」

食事の際にワインを一緒に飲むという方も多いと思いますが、フタがコルクになっているものが多く、保存する時や毎回飲む際に煩わしさを感じてしまうこともあるのではないでしょうか?そんなときに便利に利用できるコンセプトアイデア「VINAERA Electronic Wine & Spirit Aerator」を紹介したいと思います。

vinaera1

Mercuries Asia Ltd.によって考案された、ワインを美味しく手軽に飲むことができるボトルキャップとなっています。プロモーション用ムービーが公開されていますので、まずは下記よりご覧ください。

ムービーは以下より

vinaera2

使い方は、ワインボトルの口部分に装着するだけ。頭の部分にあるボタンを押すことで、中のワインをグラスに簡単に注ぎ入れることができます。フタとしての役割も果たすため、ワインの酸化を防ぐこともできるので、美味しいワインを楽しめるというのも嬉しいポイント。

ビールを注ぐときに同じような風景はよく目にしますが、ワインで行われるのは今までなかったため、製品化されれば人気商品となりそう。ワインだけでなく、今後は蒸留酒用も登場予定の様子。今後の展開に期待したいと思います。

Vinaera Electronic Wine & Spirit Aerator by Mercuries Asia Ltd. » Yanko Design
Vinaera Home

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る