TOP  >  Gadget/Product  >  ユニバーサルデザインを取り入れた将棋駒「大明駒」
2017年01月03日

ユニバーサルデザインを取り入れた将棋駒「大明駒」

多くの世代・そして国にかかわらず人に優しい設計・デザインの、ユニバーサルデザインアイテムは非常に増えてきています。そんな中今回紹介するのは、日本の伝統的なゲームの1つ・将棋にユニバーサルデザインを取り入れた将棋駒「大明駒」です。

syogi1

デザインスタジオ FUNDAMENTが手掛ける、大明駒は図柄がそのまま各駒の動きを表しているという、将棋を始めてプレイする人にも分かりやすい設計になっているのが特徴です。

詳しくは以下

syogi2

syogi3

左右、斜め、独特な動きをする桂馬、まっすぐ1歩、2歩など。それぞれ駒によって動きが異なる将棋のルールを視覚的に覚えることができます。これから将棋をスタートする人、海外にも優しい設計が特徴です。また、自分自身だけでなく、プレイ中んp相手側の動きが駒のデザインで把握できるので、次の一手を考えるときにも役立つと解説されています。素材にもこだわっており、将棋の町、山形県天童市産の駒が使用され、1つ1つ手塗りで作業されています。

定番の漢字文字の将棋駒ももちろん良いですが、こんなユニバーサルデザインを取り入れた現代風のデザインも、新しい感覚でゲームを楽しめて良さそうですね。将棋好きな方も、これから始める方も、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

大明駒 楓 TAIMEI-KOMA: kaede | FUNDAMENT
大明駒 斧折 TAIMEI-KOMA: onoore | FUNDAMENT

posted 10:00  |  
Category: Gadget/Product   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る