TOP  >  Gadget/Product  >  ヘチマを使ってさまざまなアイテムを形成「luffa lab」
2013年09月17日

ヘチマを使ってさまざまなアイテムを形成「luffa lab」

ウリ科の植物・ヘチマ。小学生の時に育てていたという思い出をお持ちの方も多いのではないでしょうか?今回はそんなヘチマを使ってさまざまなアイテムを形成した「luffa lab」を紹介したいと思います。

luffa1

ロンドンを拠点に活動を行うmauricio affonso氏によって手掛けられた、低コストでの製品化を可能にするアイデアとなっています。

詳しくは以下

luffa3

luffa2

luffa4

ブラジルのミナスジェライス州にて素材を制作。作られている製品は、音を吸収するタイル、梱包物の角の保護材、ギプス、また実験段階では器のような形状の物も作られていたようです。非常に軽く、通気性に優れ、なおかつ成分解性も兼ね備えているので、コストパフォーマンス性に優れている点も特徴。デザイン的にも使いやすいイメージが強いですね。

ECOなコンセプトを持ち合わせた、伝統的でありながら新しい素材として広く採用される日もそんんなに遠くないかもしれません。今後また新しい製品が登場するのか、楽しみに待ちたいと思います。

luffa lab: sustainably made products by mauricio affonso

posted 09:36  |  
Category: Gadget/Product   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る