TOP  >  Gadget/Product  >  水切りを手軽にするボウル「Anton Strainer Bowl」
2014年11月21日

水切りを手軽にするボウル「Anton Strainer Bowl」

調理をする際、使う素材として野菜を洗ったり、食材をゆでで湯切りしたりと、ボウルを使うシーンはとても多いと思います。その都度ボウルをシンクに置いて作業を行うのは意外に手間なもの。今回はそんな煩わしさを解消してくれる「Anton Strainer Bowl」を紹介したいと思います。

anton_01

置いておくだけで簡単に水切りができてしまう、非常に便利なボウルとなっています。プロモーション用ムービーが公開されていますので、まずは下記よりご覧ください。

ムービーは以下より

anton_03

下部に水の排出口がついた特殊な形状が特徴。シンク横に置いて、その上から食材を水や湯ごと注ぎ入れることで、自動的にシンク内に排出されます。これなら片手で作業ができ、なおかつお皿としても使用することができるので、そのまま食卓にサラダとして運んだり、パスタボウルとして使用することも可能です。

デザインもシンプルでスタイリッシュ。主婦にとっては強い見方になるキッチンツールではないでしょうか?現在Kickstarterにて寄付を募っていますので、気になる方は以下公式ページより詳細情報をチェックしてみてください。

Anton Strainer Bowl by Caveman Factory » Yanko Design
STRAINER BOWL – Beautiful and practical in so many ways by Caveman Factory — Kickstarter

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る