TOP  >  Creative  >  線路の形状を利用して匠に描き出されたドローイングアート
2014年07月23日

線路の形状を利用して匠に描き出されたドローイングアート

電車が走る長く続く線路。普段は人がなかなか立ち入ることができない場所がほとんどだと思いますが、今回はそんな線路のある場所を利用して描き出されたドローイングアートを紹介したいと思います。

trainrale1

ポルトガルのアーティスト・Artur Bordalo氏手がける、線路のレールを匠に利用し、ユニークなグラフィックを直に描き上げています。

詳しくは以下

trainrale2

線路を音楽の楽譜に見立て音符が描かれていたり、はさみの破線にしてみたり、握手する人間の手を線路になぞって描いてみたりと、描かれている内容はさまざまな。凝った描写ではありませんが、線路とマッチさせていることで、作品の面白さを格段にアップさせています。電車からこんな風景が見えていたら、思わず何度も電車に乗りたくなってしまうかもしれませんね。

この他にもさまざまな作品が公開されています。Facebookページや公式サイトなどで閲覧できますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

Colorful Street Art on the Train Tracks of Portugal by Artur Bordalo | Colossal
home | Bordalo ll

posted 10:30  |  
Category: Creative   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る