TOP  >  Creative  >  雨が降り濡れた時にだけ出現するストリートアート「Rainworks」
2015年03月31日

雨が降り濡れた時にだけ出現するストリートアート「Rainworks」

雨が降ると、それまで明るかった風景もどんよりとした淀んだ空気に覆われてしまいがち。どうしても気分まで暗くなってしまうこともあるのではないでしょうか?お今回はそんな気分を晴れやかにしてくれる、雨が降り濡れた時にだけ出現するストリートアート「Rainworks」を紹介したいと思います。

rainart1

クリエイティブグループのPeregrine Church手がける、腫れている時には見えないけれど、雨で塗れることで姿を現すアート作品となっています。制作風景などを写しだしたプロモーションムービーが公開されていますので、まずは書きよりご覧ください。

rainart2

特殊な塗料が使用されている様子。からりと乾いたアスファルトの上に晴れた日に、あらかじめ描きたいアートのビジュアルを型で起こしておき、塗料を吹き付けることで作品が完成。あとは雨が降るのを待てば、ストリートアートが出現する仕組みです。音符や、葉っぱの上を行き来するカエル達、タイポグラフィなど、発見したら思わず嬉しくなってしまいそうな楽しげなビジュアルばかり。

是非日本でも実施して欲しいアート作品ですね。他にもいろいろな種類が展開されています。以下サイトより閲覧できますので、気になる方はチェックしてみてください。

Rainworks!

posted 01:39  |  
Category: Creative   

Sponsor

このブログを購読する

facebook
twitter
rss

Designworksについて

グラフィックデザインからプロダクトデザイン、ウェブデザインとクリエイティブな事なら何でも取り上げていきたいと思っています。また公開している素材や壁紙についても紹介していきます。
過去の記事は「DesignWorks Archive 2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインアーカイブ」でご覧ください。

ご意見、ご感想、連絡事項などがあればお問い合わせよりお願いたします。

※当サイトのに掲載されている一部画像、スクリ-ンショットに文章に置いては第三十二条で定められる引用の範囲で使用していますが、万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。
※本ブログの「プライバシーポリシー」です。

関連サイト

Designworksの姉妹ブログ、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG 「DesignDevelop」を運営中!

デザインに関する技術的な部分。デザイン、Tips、ベクターデータ、psd素材などなどデザインをする上で役立つ、使える情報を日刊で連載しています。
VR・ウェアラブル・センシングなど様々な技術が一般化され、手に届く範囲で製品化が進んでいます。VR MEDIAは拡張する現実から未来を探るBLOGです。
Template deisgn by iDEACLOUD inc.
トップに戻る